2017.10.07更新

口唇ヘルペスの症状と治し方

女性の唇口唇ヘルペスの症状として、唇にあらわれる水ぶくれがよく知られています。
この水ぶくれは痛みを伴うものが多く、それがつぶれてしまうとかゆみが伴う場合もあるため注意が必要です。
基本的に、自然治癒することもある口唇ヘルペスですが、その期間中は先に挙げた症状が延々と続くことになります。
また水ぶくれの数によっては見た目にも影響が大きいため、メイクでカバーするなどの対処が必要です。

それこそ、痛みやかゆみの影響で食欲低下、集中力低下などの影響が懸念されます。
最低でも1週間から3週間ほどの期間が自然治癒には必要になってきます。
この期間中は他人に口唇ヘルペスが感染してしまう恐れも出てくるため、とりわけ注意していきましょう。
決して自然治癒を望むのがダメというわけではありませんが、何も対処せずに周りに感染を拡大する事だけは避けなければいけません。

では、具体的にこうした口唇ヘルペスの症状の治し方にはどういったものがあるのでしょうか。
最も効率的な方法としては医療機関を受診するという方法が挙げられます。
塗り薬や内服薬の服用によって病原菌を元からやっつけていきます。
自然治癒の場合よりも短期間で効果がみられるという点がメリットとなってきます。

ただ、こうした口唇ヘルペスは再発しやすい症状でもあるため、毎回のように医療機関を受診するとなると手間も費用も掛かりすぎてしまいます。
そこでおすすめになってくるのが、医療機関を受診するのとは別の方法です。
それが生活習慣を改善するという方法です。

食生活の改善によって不足しがちな栄養素を補っていく、睡眠をしっかりとっていくことで体の疲れを癒していく、たったこれだけの事でも体の免疫力をアップしていくことができます。
そもそも、口唇ヘルペスの治し方として、身体の機能を活性化していくこと、健康的な状態にしていくことは大切です。
その過程として生活習慣の改善を徹底しておけば、おのずと症状も収まってより健康的な状態を維持していくことができるわけです。

食べ物を見直せば口唇ヘルペスを治せる?

普段から摂取している食べ物を見直していけば口唇ヘルペスを治していくことが出来ます。
そもそも、口唇ヘルペスは体調不良や体の免疫力低下によって引き起こされていきます。
その体調不良や免疫力低下を防ぐことができるのが、にんにくなどスタミナ食材などの食べ物です。
にんにくは精力アップのためにもおすすめの食べ物で、口唇ヘルペスにも効果的なビタミン成分も豊富に含まれています。
積極的に取り入れることで不快な症状を緩和していくことができるわけです。

実際に、にんにくを健康のために取り入れているという人も決して少なくはありませんが、毎日の食事に少しずつ取り入れていくことで体調面の不安も解消されていきます。
もちろん、食事の面だけで口唇ヘルペスが劇的に改善していくというわけではありませんが、長い目で見てその症状は顕現されていくでしょう。

この他、はちみつも口唇ヘルペスを治すためには有効です。
はちみつの場合、患部に保湿ケア目的で塗っていくのもおすすめですし、食べ物として取り入れていけば普段不足しがちな栄養成分を取り入れていくことができます。
はちみつを用いていく場合、純粋な成分のものを、特にできるだけ生はちみつを用いていくのがおすすめです。

使い方としては、はちみつに少量の酢を混ぜて1日に数回気が付いた時に唇全体に塗っていきます。
ごく少量であれば臭いや見た目に大きな影響は在りませんし、口唇ヘルペスの症状も徐々に緩和されていきます。
ちょっとの工夫で改善していくことができる口唇ヘルペス、医療機関を受診する時間がないという人、再発を繰り返す症状を何とか食い止めていきたいという人は、こうした食事の面でのアプローチを心がけていくといいでしょう。

おすすめ記事