2017.11.02更新

指にも感染!?指ヘルペスの治し方

唇に水泡ができることで有名なヘルペスですが、その水泡の中にはヘルペスウイルスがたっぷりいます。
ついつい触れてしまうことで、指にも感染することもあります。
ヘルペス性ひょう疽です。
更にその指で目元をかけば目にも感染します。
取り扱いに注意しながら治さなければなりません。

女性の指指ヘルペスの治し方ですが、セルフケアよりも病院で適切な薬を処方してもらうのがおすすめです。
抗ウイルス剤によってヘルペス菌に対抗するのです。
1日5回服用するものもあれば2回から3回でよいものもあります。
軟膏タイプで塗ることで症状を抑えるものもあり、治し方はそれぞれに異なるため、医師の指示に従って使用してください。

感染力の高いヘルペスウイルスに対抗する薬です。
副作用もあります。
経口薬だと吐き気や胃腸の不調を巻き起こしたり、軟膏タイプだと皮膚にかゆみが生じることも。
医師に相談し、判断を仰ぐようにしましょう。
勝手に自己判断で服用をストップしてしまってはいけません。

薬を使用する中で症状は緩和されていくでしょう。
ですが表面には見えなくとも、まだヘルペスウイルスが皮膚の中の方で活動を続けていないとも限りません。
通院を怠らず、医師の口から「治ったから薬の服用を止めてもいいです」という言葉を聞くまでは服用を続けてください。
早くに服用を止めてしまうとまたあっという間に再発してしまうことに。

他の部分と違って指のヘルペスは痛みも強く、水泡ができるだけでなく指が腫れあがったりと症状が激しいです。
それに感染した指で身体のほかの部位に触れることで別の部分に感染することも。
日常生活を送るのも大変になってしまいます。
再発しないように処方された薬できちんと治すと共に、始めから感染しないように予防に努めましょう。

指のヘルペスも唇同様に大人だけでなく子供にも移ります。
家族でヘルペス予防をしてください。
子供の場合は、もしも感染してしまった場合、更に注意が必要となります。

指ヘルペスの予防法は?子供が感染したら気をつける事

指に限らずヘルペスウイルスは体中のさまざまな場所に感染します。
一箇所ヘルペスが見つかったらとにかくその部分に触れないようにしてください。
タオルやお箸など共有せず別のものを使うようにしましょう。

たとえ、一度感染した方でも免疫力が高ければ再発は予防できます。
感染しても自然治癒力もあります。
日頃からウイルスに打ち勝つ力を身につけておくことです。
食事は外食やインスタント食品・コンビニ弁当ばかり・運動の機会も無く一日中デスクワークばかり・夜遅くまで起きていて睡眠時間もままならない、そんな生活をしている方が多い現代人、これならヘルペスウイルスのみならずあらゆる菌がやってきて体調を崩してしまいます。

大人の感染は子供への感染の機会も増やしてしまいます。
子供の場合にはおしゃぶりが原因で常に指先が濡れて荒れた状態となり発症することも。
できるだけ指しゃぶりをやめさせると共に、親から移らないように特に調子が悪いときにはキスやスプーンの共有は避けましょう。

もしも子供が感染してしまった場合、他の兄弟に移らないように・身体の違った部位にも移らないように親が注意してください。
患部を清潔に保つと共に兄弟との接触の機会をできるだけ避けるのです。
薬は軟膏タイプだと指しゃぶりによりなめてしまうことに。
子供の年齢に合わせた薬を処方してくれるでしょうから用法用量を守って正しく使用してください。

疲れを溜めさせない・紫外線が多い時期は直接日光に当たらせないよう予防に努めましょう。
もちろん、規則正しい生活やバランスの良い食生活も重要です。
感染力が高く誰にでも発症する病気です。
症状が出てきたらできるだけ早く病院を受診し医師の判断を仰ぐようにしましょう。

おすすめ記事